Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Login

GFMスタイル

GFMスタイルとは

GithubのMarkdown(Github Flavored Markdown)に近い形式で日記が書けるスタイル。 普通のMarkdownとは少し違うので注意が必要です。

使い方

misc/styleの下にあるgfm_style.rbを、インストールディレクトリにあるtdiary ディレクトリにコピーし、tdiary.confに以下の設定をする。

@style = 'GFM'

GFMスタイルの文法

段落

普通に行頭から書き始めればそれが段落。 空改行で別段落になる。tDiary上では<p>タグで囲まれる。 単一の改行は無視されずに<br>タグとなる。一日の初めが通常の段落 で始まっている場合には、最初の行が見出しに変換される。

記述例

このように二行に渡って書いても
一つの段落になりますが、改行は入ります。

改段落するには空行をいれます。

表示例

このように二行に渡って書いても
一つの段落になりますが、改行は入ります。

改段落するには空行をいれます。

見出し

見出しは「#」で始める。tDiary上では「#」ひとつで<h3>になり、セクショ ンの開始になる。以下、「##」で<h4>、「###」で<h5>……となる。

記述例

# 見出し1
## 見出し2
### 見出し3

表示例

見出し1

見出し2

見出し3

リンク

「[テキスト](URL)」で、任意のURLへのリンクを生成できる。

[ただのにっき](http://sho.tdiary.net/)
[このファイル](../files/hoge.txt)

なお、上記構文で右側のURL部分がtDiaryのアンカー風(20030125#p03とか)の場合は、myプラグインに展開される。

さらに文中にある生のURLは、そのままリンクになる。

画像をインラインイメージに展開する場合には、

![](images/hoge.jpg)

のように使う。

強調

アスタリスク(またはアンダースコア)で囲むと強調を指定することができる。

記述例

ひとつだと*普通の強調*で、<em>に展開。
ふたつだと**すごく強調**で、<strong>に展開。

表示例

ひとつだと普通の強調で、<em>に展開。
ふたつだとすごく強調で、<strong>に展開。

整形済みテキスト

いわゆる<pre>は行頭を4つ以上の空白かタブで始める。 マークアップはいっさい効かなくなる。

記述例

    行頭に空白を4つ空けています。

表示例

行頭に空白を4つ空けています。

整形済みテキスト(複数行)

複数行にする場合は前後の行に「```」を挿入します。

記述例

 ```
 ABC
 abc
 ```

表示例

ABC
abc

ソースコードの言語を設定するには「```言語名」を挿入します。

記述例

 ```ruby
 def test
 end
 ```

生成されるHTML

 <pre>
 <code class="ruby">def test
 end
 </code>
 </pre>

引用

「>」で始まる行は引用(<blockquote>扱い)となる。 文中の改行は通常段落の行頭に「>」を付けたものとして扱う。

記述例

> ここは引用しています。
>
> 引用文の改行には行頭に「>」だけの行を使う。

表示例

ここは引用しています。

引用文の改行には行頭に「>」だけの行を使う。

箇条書き

「*」で始めると箇条書き。「1.」で始めると数字付きになる。 インデントの深さで入れ子を表現する。

記述例

* 箇条書き1
* 箇条書き2
  * 箇条書き2-1
    * 箇条書き2-1-1

1. 数字付きの箇条書き1
2. 数字付きの箇条書き2
  1. 数字付きの箇条書き2-1
    1. 数字付きの箇条書き2-1-1

表示例

  • 箇条書き1
  • 箇条書き2
    • 箇条書き2-1
      • 箇条書き2-1-1
  1. 数字付きの箇条書き1
  2. 数字付きの箇条書き2
    1. 数字付きの箇条書き2-1
      1. 数字付きの箇条書き2-1-1

定義リスト

いわゆる<dl>は、HTMLをそのまま書きます。

記述例

 <dl><dt>キーワード</dt><dd>説明文をここに1行で書く。</dd></dl>

表示例

キーワード
説明文をここに1行で書く。

表(テーブル)は以下のように書ける。

記述例

見出し  |   見出し
--------|----------
項目1-1 |   項目2-1
項目2-1 |   項目2-2

表示例

見出し見出し
項目1-1項目2-1
項目2-1項目2-2

罫線

アスタリスクやハイフンなどが3つ以上で罫線になります。

記述例

 ***
 ---

生成されるHTML

<hr>
<hr>

プラグイン

tDiary拡張。 にょろカッコふたつで囲むと、tDiaryのプラグイン呼び出しになる。

記述例

{{amazon '4906470068'}}

HTML

HTMLで記述したい場合は、直接HTMLが書けます。

記述例

<a href="http://example.com">example</a>

表示例

example

Last modified:2013/10/05 17:55:45
Keyword(s):
References: