Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Login

tDiaryドキュメント - category.rb Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

! 概要
日記にカテゴリ機能を追加するプラグイン。

! 使い方
セクションタイトルを [hoge] ではじめるとカテゴリ名になる。
[hoge][fuga] や [hoge,fuga] のように複数指定することも可能。

例:[hoge] 今日は良い天気

ダメな例:今日は良い天気 [hoge]

カテゴリ一覧を表示するには「<%=category_list%>」または「<%=category_dropdown_list%>」をヘッダやフッタなどに記述する。

! 備考
[設定可][セキュア可]

! その他
tDiary 5.0以降、旧来の仕様と動作を軽くしたもので置き換わっています。旧版はcategory_legacy.rbcategory-legacy.rbとして残っています。'''両者は併用できません'''。category_similar.rbとcategory_to_tagcloud.rbはcategory_legacy.rbcategory-legacy.rbに依存しているため、category.rbではなくcategory_legacy.rbcategory-legacy.rbを使う必要があります。

----

2004.03.15 版以降、カテゴリのインデックスをあらかじめ保存するようになったので、それ以前の日記でカテゴリがある場合、カテゴリプラグインの設定画面でインデックスを作成してください。

コマンドラインからインデックスを作成するには、日記 CGI のあるディレクトリで、
echo 'conf=category;category_initialize=1'| \
   sudo -u apache ./update.rb > /dev/null
のように実行してください。

もちろんsudoする必要のない環境ではsudoする必要ありません。
意味が分からない人はサーバ管理者に聞いてみて下さい。
----
追記:
sudoする必要のない環境に、ApacheウェブサーバがsuExecと呼ばれる機能を使って動いている場合があります。このタイプのサーバは、コマンドラインからインデックスを作成するには、日記 CGI のあるディレクトリで、
echo 'conf=category;category_initialize=1'| \
   ./update.rb > /dev/null
のように実行してください。

また、上記コマンドを実行しても正常に動作しない場合は、
tdiary/tdiary/filter/default.rb
が存在するか確認してください。