Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Login

tDiaryドキュメント - html_anchor.rb Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

! 概要
アンカーを「YYYYMMDD.html」「YYYYMM.html」形式に置き換える

tDiaryの各ページのURLは、「?date=YYYYMMDD」のような形式が標準です。しかし、このような明らかにCGI呼出しに見えるURLは、検索エンジンによってインデックスされにくいとされています。この形式を「YYYYMMDD.html」に変えることで、いかにも静的なHTMLであるかのように見せかけることができ、検索エンジンにひっかかる可能性が高くなります。[[gas|http://www.kostenloser-tarifvergleich-strom-gas-beratung.de/]]

! 使い方
プラグインをインストールするだけで、アンカーの形式が「YYYYMMDD.html」になります。

しかし、Webサーバの設定を変えないと、これだけでは正しく呼び出せません。
Apacheを使う場合、以下の3つの方法が知られています。

:mod_rewriteと合わせて利用する(推奨):Apacheのモジュールであるmod_rewriteがインストールされている必要がある。httpd.confで、以下のように設定します。「/home/httpd/html/diary/index.rb」の部分は、自分の環境に合わせて書き換えて下さい。

RewriteEngine on
RewriteRule ^/diary/([0-9\-]+)\.html$ /home/httpd/html/diary/index.rb?date=$1

::.htaccessで設定する場合は
RewriteEngine on
RewriteBase /diary
RewriteRule ^([0-9\-]+)\.html$ index.rb?date=$1
::RewriteBase のディレクトリは環境に応じて書き換える。

:ErrorDocumentを利用する:.htaccessに以下の設定を追加する(your_URL_of_index.rbはあなたの日記のindex.rbのURLに)。ただしこの手法は、Webサーバのエラーログが膨れ上がるので、推奨できません。上のmod_rewriteが使えない場合のみの最終手段です。

<Files ~ "^([0-9]{4}|[0-9]{6}|[0-9]{8}|[0-9]{8}-[0-9]+).html$">
ErrorDocument 404 your_URL_of_index.rb
</Files>


:Actionを利用する:.htaccessに以下の設定を追加する(your_URL_of_index.rbはあなたの日記のindex.rbのURLに)。ErrorDocumentを利用する場合と異なり、エラーログに無駄なログが表示されない利点があります。欠点は yyyymmdd.html 形式の静的な HTML ファイルを表示できなくなることです(通常の使用では問題になりません)。

<Files ~ "^([0-9]{4}|[0-9]{6}|[0-9]{8}|[0-9]{8}-[0-9]+).html$">
Action text/html your_URL_of_index.rb
</Files>

! 備考
[セキュア可]

! その他
[[http://festnetz-dsl-doppel-flatrate-tarifvergleich.de/|http://festnetz-dsl-doppel-flatrate-tarifvergleich.de/Nordrhein-Westfalen-NRW/Minden-Luebbecke/Minden]]