Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Login

リンク元

(「リンク元」は標準で組み込まれているプラグインです。referer.rbというファイルは存在しません)

概要

tDiaryでは、訪問者があなたの日記にやってくる直前に見ていたページに関する情報(Referer、リンク元)を記録して表示します。このページにはたいていの場合、あなたの日記へのリンクがあるはずですから、あなたはリンク元表示を見るだけで、誰があなたの日記について言及しているかわかります。

ここでは、リンク元情報の記録・表示方法について設定します。

リンク元の表示

日記本文のあとに、リンク元情報を表示するかどうかを指定します。ここで「非表示」を選択すると、更新画面でしかリンク元を見ることはできません。

リンク元記録除外リスト

リンク元として記録したくないURLに含まれる文字列を指定します。改行で区切って、1件1行で指定します。文字列には正規表現を使用できます。

ここには、Refererスパムや、アンテナ/フィードリーダなどの巡回系ツールからのRefererを指定しておくといいでしょう。

以前の日記へのリンク元に記録するリスト

リンク元は、そのリンクが指している日付に対して記録されますが、最新の日付にはそのコピーが「以前の日記のリンク元」として一時的に記録されます。「以前の日記のリンク元」は、新しい日付で日記を書くたびにクリアされます。

個々の日付のページには記録せず、「以前の日記へのリンク元」にのみ記録したいURLがあれば、こちらに記述します。改行で区切って、1件1行で指定します。文字列には正規表現を使用できます。

ここには、ずっと残しておく必要はないが、一時的には確認しておきたいサイト、たとえば検索エンジンのURLなどを指定しておくといいでしょう。

リンク置換リスト

リンク元リストには通常、単なるURLが羅列されますが、ここで置換ルールを指定しておくと、わかりやすい表現に置き換えることができます。

1件につき、URLと表示文字列を空白で区切って指定します。正規表現が使えるので、URL中に現れた「(〜)」は、置換文字列中で「\1」のような「数字」で利用できます。

Last modified:2013/10/30 01:58:53
Keyword(s):
References: