Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Login

search_form.rb

概要

各種検索エンジンの検索フォームを生成します。ヘッダやフッタに設置してください。

使い方

複数のプラグインが含まれています。必要に応じて選択してください。パラメタの意味は以下の通りです。

url
検索エンジンのURL
button_name
検索実行ボタンの名称(省略可能)
size
テキストボックスの幅(省略時「20」)
default_text
テキストボックスの初期値(訪問者に入力を促すような文字列を指定するときに使います。省略時の動作は備考を参照)

Namazu用

<%= namazu_form( url, button_name, size, default_text )%>

url(省略不可)にはNamazuのCGIのURLを指定してください(例: namazu.cgi)。button_name省略時には「Search」が使われます。

Google(日本)用

<%= google_form( button_name, size, default_text )%>

button_name省略時には「Google 検索」が使われます。

Yahoo!(日本)用

<%= google_form( button_name, size, default_text )%>

button_name省略時には「Yahoo! 検索」が使われます。

任意の検索フォーム作成用

<%= search_form( url, query, button_name, size, default_text, first_form, last_form %>

パラメタの意味は以下の通りです:

url
検索エンジンのURL
query
テキストボックスのname属性値
first_form
fromタグの直後に挿入したい文字列(省略可)
last_form
</from>タグの直前に挿入したい文字列(省略可)

button_name(省略値は「Search」)やsize、default_textは他のプラグインと同じです。

備考

以下の条件が満たされている場合に限り、検索窓に検索サイトで入力されたキーワードを設定します(tDiary 2.2より)。

  • disp_referrer.rbが併用されている
  • default_textパラメタの値が空
  • 外部の検索サイトから訪れたアクセス

なお、上記の条件下では、他の場所でも以下のプラグインが使用できます。任意のフォーム等に、検索キーワードを表示させることが可能です。

<%= extract_search_keyword %>

extract_search_keywordプラグインの値は、HTMLエスケープされています。もしエスケープされていない値を使いたい場合には、代わりに「@extract_search_keyword」を使ってください。

その他

オリジナルドキュメント: http://ponx.s5.xrea.com/hiki/ja/hiki.cgi?search_form.rb

Last modified:2013/10/30 04:06:01
Keyword(s):
References: