Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Login

show-hidden.rb

概要

非表示にした日記(エントリ)の一覧を表示させるプラグインです。

BlogKitを導入している場合などは、日付とURLがリンクしなくなるため、非表示にした記事のURLを探し出すのはかなり難しいと思います。

当プラグインでは非表示にした記事のみの一覧を表示することによって、非表示記事の管理を助けます。なお、BlogKitでなくても利用可能です。

使い方

プラグインを有効にするだけで動作します。

プラグインが有効になっていると設定ページに「Show Hidden」が現れます。

設定ページを開くと非表示の日記(エントリ)がある場合は一覧が表示されます。

edit_today.rbプラグインを有効にしている場合は、横に直接編集用のアンカーも表示されます。

ソース

# show-hidden.rb $Revision: 1.2 $
#
# 非表示にした記事の一覧を設定画面に表示する。
#
# プラグインを有効にすると設定画面から使用出来るようになります。
#
# Copyright (c) 2005 MORIOKA Toru <vette@mail.ne.jp>
# Distributed under the GPL
#
add_conf_proc( 'Show hidden', 'Show Hidden' ) do

   limit = 40
   cgi = CGI::new
   def cgi.referer; nil; end

   result = ''
   catch( :exit ) {
       @years.keys.sort.reverse_each do |year|
           @years[year].sort.reverse_each do |month|
               cgi.params['date'] = ["#{year}#{month}"]
               m = TDiaryMonth::new( cgi, '', @conf )
               m.diaries.keys.sort.reverse_each do |date_str|
                   next if m.diaries[date_str].visible?
                   title = m.diaries[date_str].title.gsub( /<[^>]*>/, '' )

                   result << %Q|<li><a href="#{@index}#{anchor date_str}">#{date_str}&nbsp;:&nbsp;#{@conf.shorten( title, limit )}</a>|
                   if defined?(edit_today_link)
                       result << %Q|&nbsp;#{edit_today_link(Date.parse(date_str), "")}|
                   end
                   result << %Q|</li>\n|
               end
           end
       end
   }

   <<-HTML
   <h3 class="subtitle">説明</h3>
   #{"<p>非表示の記事一覧を表示します。<br>"}
   #{"edit_todayプラグインを有効にしている場合は編集用アンカーも表示されます。</p>"}
   <h3 class="subtitle">一覧</h3>
   <ul>
   #{result}
   </ul>
   HTML
end
Last modified:2006/03/19 19:01:15
Keyword(s):
References: