Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Login

show_and_hide.rb

Show or hide the elements with a sliding motion using jQuery.

NAME (名前)

show_and_hide.rb - tDiary のプラグインです。 Javascriptを用いて、任意の文字列に対して表示・非表示を切り替えます。

SYNOPSIS (概要・使用例)

Wiki スタイルの場合

{{show_and_hide <<EOS, 'ネタバレを知りたい方はクリックしてください'
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
EOS
}}

tDiary スタイルの場合

<%! show_and_hide '犯人はヤス', 'ネタバレを知りたい方はクリックしてください' %>

DESCRIPTION (説明)

show_and_hide.rs は、ネタバレを含むような文章を隠して、リンク(またはボタン)をクリックすることによって初めて読むことができるようにするプラグインです。動作仕様から引数まで、基本的にnetabare.rbをインスパイアしています。

tDiary3.0以降でないと動作しません。

  • 注意点(netabare.rbからの引用です。)
    • JavaScriptに対応していない(またはオフにした)ブラウザで見た場合ネタバレ文章を見ることができなくなります。HTMLソースを直接見れば読むことが可能です。
    • スタイルシートに対応していないブラウザで見た場合、ネタバレ文章が丸見えになります。(^^;
    • 以上のことから、あくまで「人に読まれる日記を書く」という意識を持つようにし、このプラグインを過信して、あまりにとんでもない内容を書かないように注意してください。
{{appstore_detail 'ネタバレ文章', 'リンク or ボタンに表示する文字列', 
                  '表示・非表示切り替えとして操作するHTML要素', 
                  'RSS生成時に表示する文字列' }}

tDiary スタイルの場合

<%!appstore_detail 'ネタバレ文章', 'リンク or ボタンに表示する文字列', 
                  '表示・非表示切り替えとして操作するHTML要素', 
                  'RSS生成時に表示する文字列' %>

パラメータ詳細

ネタバレ文章 省略不可。
リンク or ボタンに表示する文字列 省略可。標準では Show contentsという文字列が使われます。
表示・非表示切り替えとして操作するHTML要素 省略可。標準では リンクが生成されます。"button"も指定可能。
RSS生成時に表示する文字列 省略可。標準では (Hide contents on RSS. See my page...)という文字列が使われます。

css

表示・非表示領域を装飾する場合は、append-css.rbプラグインを用いてcss定義を追加してください。

pre.show_and_hide {
   order-radius: 20px 20px 20px 20px;
   -moz-border-radius: 20px 20px 20px 20px;
   -webkit-border-radius: 20px 20px 20px 20px;
   padding: 20px;
   margin: 10px;
   background-color: #FAFAFA;
}

DOWNLOAD (ダウンロード)

appstore.rb と js/appstore.rb をダウンロードしてください。

INSTALL (インストール)

  • ダウンロードしたshow_and_hide.rbを、 tDiary のプラグインディレクトリ (misc/plugin) にコピーしてください。
  • ダウンロードしたshow_and_hide.jsを、 tDiary のjavascriptディレクトリ (js) にコピーしてください。
  • githubを用いてtDiary環境を構築している方は、tdiary-contribからpullまたはfetch and mergeしてください。

CHANGELOG (更新履歴)

  • 2011-11-05: github.com/tdiary-contrib に登録

DESIRED FEATURES

BUGS

AUTHOR

tamoot
http://www.tamoot.net/d/20111105.html

LICENSE

GPL で配布しています。

APPENDIX

既に netabare.rb も利用しているが、show_and_hide.rbに一本化したい場合は、以下の内容を文字コードUTF-8nでnetabare.rbとして保存し、既にtDiaryのプラグインとして設置済みのnetabare.rbと置き換えてください。

def netabare(str, title = '続きを読む(!ネタバレを含みます!)', type = 'link')
  show_and_hide(str, title, type)
end

この場合でも、netabare.rbshow_and_hide.rb 双方を有効にしてください。

Last modified:2013/10/30 01:04:21
Keyword(s):
References: