Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Login

template.rb

template.rb

tDiaryでテンプレートを使えるようにするプラグイン。定型文をクリック一発で簡単に挿入できます。定型文の定義もウェブのフォームから簡単に作成できます。

ダウンロード

http://itoshi.tv/p/template.rb

インストール

  1. template.rbをmisc/pluginへコピー。
  2. 追記->設定->プラグイン選択でtemplate.rbを選択。

使い方

追記の画面のフォームの下のほうに、

テンプレート: | 体重 | 食事

と書いてある。これがテンプレートの名前(template_name)。挿入したいテンプレートの名前をクリックすると、本文フォームにテンプレートが挿入されます。

テンプレートを作成する

  1. tDiaryのメニューから追記->設定->テンプレートの設定を選択
  2. テンプレートを書式に従って書く

テンプレートの書式

=tamplate_name
テンプレートの名前
=template_value
テンプレートの内容
=tamplate_name
テンプレートの名前
=template_value
テンプレートの内容
:
:

ダブルクォーテーションは、

\"

のようにバックスラッシュ(エンマーク)を前に置いてください。

応用例

例えば、Rubyのクラス定義とかモジュール定義など頻繁に書くひとは、

=template_name
class定義
=template_value
class
  def initialize
  end
end

としておくとか、アマゾンプラグインを頻繁に使う人は、

=template_name
アマゾンプラグイン
=template_value
<%=isbn_image \"\" %>

として置くとか。もし、某巨大掲示板的な顔文字を多用する人は、

=template_name
どうしたら
=template_value
(〃*`Д´)どうしたらいいんだよぉ!
=template_name
くれよ
=template_value
ヽ(`Д´)ノクレヨ
=template_name
にやり
=template_value
書けませんよ( ̄ー ̄)ニヤリッ
=template_name
いよう
=template_value
(=゜ω゜)ノぃょぅ
=template_name
じゃまた
=template_value
|Д´)ノ 》 ジャ、マタ
=template_name
なにか
=template_value
( ´Д`)なにか?
=template_name
おくれよ
=template_value
ヽ(´ー`)ノオクレヨ
=template_name
がくぶる
=template_value
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
=template_name
しょぼーん
=template_value
(´・ω・`)ショボーン
=template_name
うわーん
=template_value
ヽ(`Д´)ノウワァァァンン
=template_name
ぐすん
=template_value
(´Д⊂グスン

としておくとか。

テキスト弄り系サイトをtDiaryで書いている人は、フォントの色やサイズを変更するタグを以下のように登録しておけば良いでしょう(Wikiスタイルの例)。

=template_name
赤XL
=template_value
{{'<span style=\"color:#F00; font-size: x-large\">ほげ</span>'}}
=template_name
黒XS
=template_value
{{'<span style=\"color:#000; font-size: x-small\">ほげ</span>'}}
Last modified:2011/07/24 01:16:21
Keyword(s):
References: